クレカの審査基準

イオンカードの審査どう?主婦でも審査通るは本当?【審査基準を解説】

イオンカードのおすすめポイント!

イオンカードのおすすめポイント
WEB限定6,000円相当特典

イオンカード公式はこちら

 

イオンカードはどんなクレジットカード?

クレジットカード会社はたくさんありますが、その中でも人気は凄く今では私生活になくてはならない1枚として多くの方に認識されているのがイオンカード。

aeoncard001

単純に性能だけを比較すると優れたものは他にもたくさんあるのですが、どうしてこんなにも人気があるのか、その人気の秘密に迫ってみたいと思います。

選ばれる人気の理由。それは使いやすさにあります。名前から分かるようにイオン系列の店舗で使う事を前提として作られています。

そのため、イオン系列店舗を利用する方にとっては大きなメリットがあるのですが、系列のお店で買い物をしない方にとってはそれほどメリットがありません。

イオン系列の店舗を全く利用しない方であれば選ぶ必要はないと思います。

しかし、1ヶ月の中で少しでも系列のお店を利用するのであれば話は変わってきます。お買い物をする時の特典が豊富に用意されているので、イオンカードを持っているだけで商品の購入金額やポイント取得数がかなり変わってきます。

イオンカードは「持っているだけで生活の中で得する」というのが特長であり、多くの人に選ばれ続けている理由なのです。

また、最近はSuicaやKitacaといった電子マネー一体型のクレジットも発行されるようになりました。

このように、生活の中で使える機会が多くなり、自分へのお得還元率が高いのはイオンカードの嬉しいメリットと言えるでしょう。家の周りにあるお店を調べて、そこで買い物をするように徹するだけでも、今までにはなかった得をゲットすることが出来ると思います。

WEB限定6,000円相当特典

イオンカード公式はこちら

 

イオンカードの年会費は?

イオンカードには色々なカードの種類があります。

年会費は永年無料ですが、それぞれのカードの特徴が異なっているので、申し込みをする前にある程度知っておかないと、「あれ?思っていたのと違う!」という事にもなりかねません。

なので、イオンカードに申し込みたいとお考えの方は、各カードの特徴を理解しておくことをおすすめします。

イオンカード(WAON一体型)

こちらのカードの特徴はWAON機能がついていること。WAONで買い物をするとWAONポイントがつくので、後々大きな割引となってきます。ただ、WAONは系列のお店でしか使えないため、普段からあまりお店を利用しない方にとってはあまりメリットがありません。逆に、家の近くに系列のお店があって頻繁に利用する方にとっては、かなりのメリットがあると言えます。年会費は永年無料です。

イオンSuicaカード

こちらのカードはSuicaがついているので、駅の改札をスムーズに通り抜ける事が出来ます。また、最近はSuicaを使って駅構内のコンビニなどで買い物が出来るようになっているので、チャージさえしておけばどこでもキャッシュレスが可能です。Suicaに対応している地域の方であれば、カードの持っている性能を十分に生かせることが出来ると思います。Suicaを持っておらずなおかつメインカードが決まっていない方は、申し込んでみることをおすすめします。年会費・入会金は永年無料となっています。

イオン首都高カード

イオン首都高カードは、首都高の利用促進と首都高利用者へのお得を提供することを目的としています。 WAON一体型なので、1枚でクレジット機能による後払い方式・電子マネーによる前払い方式を選んで使えます。利用シーンに合わせて、自分の好きな支払方法を選べるのは嬉しいですね。年会費はもちろん無料なので、首都高専用として持つのもおすすめです。

イオンsaQwaカード

saQwaでの買い物がいつでも5%割引になるイオンsaQwaカード。各店舗でオトクになる特典もありますし、WAONカードとしての機能も使う事が出来ます。提携しているブランドがVISAだけとなっていますが、このブランドで問題ないのであれば使い勝手は良いと思います。年会費も永年無料なので、クレジット利用ではなく5%オフ割引を目的として1枚持っても良いですね。

イオンカードKitaca

Suicaと似た機能を持つKitaca。Kitacaは北海道を中心とした電子マネーです。北海道が中心となっているクレジットカードですが、最近は首都圏内・北陸地方でも使えるようになってきたので、かなり使い勝手が良くなっています。もちろん、Kitaca対応地域ではコンビニなどで使うことも出来るので、お会計もスムーズになるでしょう。もちろん年会費は無料となっています。

WEB限定6,000円相当特典

イオンカード公式はこちら

 

イオンカードの限度額はいくら?

クレジットカードの限度額は、年会費が無料だったり安いものほど低い傾向にあります。

年会費が永年無料なイオンカードの場合、一体どのくらいの利用限度額なのか調べてみました。

イオンカードの限度額は、カード発行時は最大限度額50万円となっています。これは、50万円までは自由に使っていいという意味になります。

ただし、利用限度額である50万円に達してしまった場合は一時的にカードが使えなくなります。

イオンカードは毎月の締め日が10日、引き落とし日が翌月2日です。例えば1月11日に限度額いっぱいの50万円使ったとすると、その分の引き落としが3月2日となるため、3月2日までは一時的にカードが利用できないということになります。

なお、このご利用限度額は人それぞれ異なるため、カード使用前には限度額を把握しておくことが大切です。

カード発行時は限度額がたとえ10万円だったとしても、利用実績により限度額は自動的に引き上げされたり、自己申告により引き上げられるケースもあります。

もし希望する限度額まで上がらないという方は、他のクレジットカードを検討されることをおすすめします。

イオンカードの審査基準はどう?

イオンカードの申し込み条件は、「18歳以上(高校生不可)で電話連絡が可能な方」となっています。これは、アルバイトでもパート社員でも、毎月収入があればイオンカードが作れるということです。

これだけの条件で申し込みできるとなると、ネットの口コミにある通りイオンカードの審査は甘いと言えるのではないでしょうか。

実は、イオンカードは無職の方でも作れるカードとして人気があります。無職と言っても専業主婦の場合で、配偶者の方の職種や収入によりカードを作れるようになっています。

メインターゲットが主婦層なので、イオン系列のお店でよく買い物をする専業主婦の方にとっては嬉しいですね。

審査は、インターネットからの申し込みが簡単で便利です。パソコンやスマートフォンを使えば、本人確認書類のコピー・郵送が不要になるので大変便利となっています。

WEB限定6,000円相当特典

イオンカード公式はこちら

 

イオンカードの審査期間はどのくらい?

審査が比較的甘いと言われるイオンカードですが、審査期間が長いといった口コミをよく目にします。実際にはどうなのか調査してみました。

イオンカードの審査期間は、公式ホームページによると1~2週間ほどでご自宅へ郵送となっています。

カード発行日数は他のクレジットカードとさほど違いはないようですが、中にはカード発行までに1か月近くかかったという方もいるようです。よって、実際にはイオンカードの審査期間は2~3週間ほどになると思われます。

カード発行日数を短くしたいという方は、インターネットからの申し込みをおすすめします。ただし、誤字脱字があればそれが審査落ちの原因になりかねないので、入力ミスのないよう十分注意して下さい。

イオンカードのおすすめポイント
WEB限定6,000円相当特典

イオンカード公式はこちら

 

クレカの極意がおすすめする一枚はこちら

年会費無料
100円1ポイント以上の高還元率
入会特典でポイントがもらえる
・ApplePay使うならmastercard
・こだわりがなければvisaがおすすめ
・新卒1年目、契約社員、派遣、フリーターの方にも

年会費無料&業界最大級の還元率

楽天カード公式はこちら