クレカの審査基準

ダイナースクラブカード審査落ち?審査基準は?【年収いくら?】

ダイナースクラブカードのおすすめポイント!

ダイナースクラブカードのおすすめポイント
ワンランク上のステージへ

ダイナースクラブカード公式はこちら

今さら聞けない!ダイナースクラブカードはどんなカード?

diners-club

1950年にアメリカで設立され、世界初の国際ブランドとして普及していきました。

日本で最初のクレジットカードとしても知られています。

「ダイナースクラブ」の意味は「食事をする人のクラブ」で、その語源は「ダイナースクラブの創業者が食事に出かけたときに財布を忘れて支払いができなかったため、支払い能力があるのに恥をかいた。

当時はレストランで使用できるクレジットカードがほとんどなかったので、解決策として考案されたカード。」という事実に由来しているそうです。

現在では、アメリカン・エキスプレス・カードとともに、世界で1位2位を争うブランドイメージが高いクレジットカードとなっています。

ダイナースクラブのカードの種類

 

日本でのダイナースクラブカードは「ダイナースクラブカード」「ダイナースクラブ プレミアムカード」の2種類のグレードがあります。

ダイナースクラブカードは、利用希望者からの申し込みにより審査を経て入会できますが、プレミアムカードはダイナースクラブからの「お誘い」が無ければ入会できません。

ダイナースクラブカードとは?

 

ダイナースクラブの中では「一般用」というグレードですが、他社のカードではゴールドカードもしくは、それ以上の内容になっています。

ショッピング限度額が一律に設定されないので、以前には「ダイナースクラブカードでベンツが買える」というキャッチコピーもあったようです。

事実、2014年(平成26年)までは、タマホームの戸建て住宅(数千万円)もダイナースクラブカードで購入できたそうです。

支払方法は、1回払い、ボーナス一括払い、リボルビング払いの3種類で、分割払いはありません。

又、キャッシング・ローンについては新規申し込みでの希望額は50万円が上限とされています。

ダイナースクラブカードの年会費は?

 

ダイナースクラブカードは年会費22,000円(税別)、プレミアムカードは年会費13万円(税別)です。

ダイナースクラブカードの家族会員年会費は5,000円(税別)です。

又、ETCカードについては年会費やカード発行手数料は無料です

ダイナースクラブカードの審査条件は?

ダイナースクラブカードの入会条件は?

 

現在の公式サイトには「入会の目安:27歳以上」という記載しかありません。
しかし、この条件を鵜呑みにしてはいけません。

ダイナースクラブカードの入会には高い属性が要求されるようで、過去には「年齢33歳以上、勤続年数10年以上の役職者または自営業歴10年以上、自家を所有していること」という厳しい条件を公表していました。

又、これらの条件を満たしていなくても、医師や弁護士、公認会計士などの士業(有資格者)や勤務先の規模や業種など、条件によっては承認がおりる場合があるようです。

このようなことから、「ダイナースカードは社会的、属性的に高い地位を優遇するカード」と言われるようになっています。

ダイナースクラブ プレミアムカードの入会条件は?

 

さきほども申し上げましたように、プレミアムカードはダイナースクラブからの招待が無ければ入会できません。

招待を受けられる条件や審査基準は公表されていませんので推測の範囲ですが、会員の中でも一定の地位や資産を持つ人で、ダイナースクラブの利用実績などの要素を総合的に審査することで決定されるようです。

ですから、ただ単純に決済額が多額なだけでは招待されないと言われています。

矢印画像
ワンランク上のステージへ

ダイナースクラブカード公式はこちら

ダイナースクラブカードの付帯保険は?

 

card001

 

海外で高い評価があるダイナースクラブカードですから、旅行保険も充実しているのではないでしょうか?

その内容を確認してみましょう。

まず、海外旅行保険ですが、自動付帯分が最高5,000万円、利用条件分が最高5,000万円で合計1億円になっています。

国内旅行傷害保険は、利用条件付で最高1億円です。

又、ショッピング・リカバリーも利用条件付で年間500万円が限度額です。

ダイナースクラブカードのポイント制度は?

 

ダイナースクラブカードは100円の利用につき1ダイナースクラブリワードポイントが貰えます。

EdyやモバイルSuicaのチャージはポイントがつきませんが、ETCカード利用分については通常通り100円につき1ポイントが貯まります。

ポイントの有効期限がないので、ついうっかりしていて気が付いたら失効していたなんて心配は不要です。

貯まったポイントは、グルメやワイン、ダイニング・キッチンアイテム、家電、各種ギフトカードや商品券などに交換することができます。

ダイナースクラブカードのメリットは?

ダイナースクラブカードは何と言っても海外で威力を発揮します。

一番のポイントは、世界450か国以上の主要国際空港を網羅しており、対象空港でラウンジサービスが利用できることです。

その中には、軽食ビュッフェが用意されているビジネスクラスラウンジまであるそうで、カード1枚で十分にステータスを感じられます。

又、予約がなかなか取れないような高級レストランで2人でコース料理を楽しむと1人分が無料になる「エグゼクティブダイニング」や「一見(いちげん)さんお断り」などの高級料亭も常連客に代わってダイナースが紹介してくれる「料亭プラン」など、大事な接待が多いビジネスマンには欠かせないサービスがたくさんあるメリットが大きいカードなのです。

ダイナースクラブカードのおすすめポイント
ワンランク上のステージへ

ダイナースクラブカード公式はこちら

クレカの極意がおすすめする一枚はこちら

年会費無料
100円1ポイント以上の高還元率
入会特典でポイントがもらえる
・ApplePay使うならmastercard
・こだわりがなければvisaがおすすめ
・新卒1年目、契約社員、派遣、フリーターの方にも

年会費無料&業界最大級の還元率

楽天カード公式はこちら