ハイステータスなカード

プラチナカードは審査厳しい?難易度調査【年収との関係は?】

▼プラチナカードなのにブラックカード並の特典!

おすすめのプラチナカード
ワンランク上のステージへ

ダイナースクラブカード公式はこちら

 

プラチナカードの入会審査ってどう?

プラチナカードはゴールドカードの上を行くステータスのあるカードです。

platinumcard10

発行している会社も少なく数社程度しかない上に、こちらからのカード発行依頼ではなくクレジット会社からの招待がなければ入会することができません。

その招待についてはクレジット会社独自の判断になるとは思います。

ですが、一定金額を利用して優良なクレジットヒストリーを積み重ねることにより、優良な利用者となった場合に招待状(インビテーション)が届く、という事以外には詳しい審査基準などは公表されていないのが現状です。

ちなみに、プラチナカードへはゴールドカードからのステップアップが基本になりますが、通常のクレジットカードから飛び越えた話もあるようです。プラチナカードが欲しいという方は、日頃から優良な会員であることが大事だと思います。

さて、プラチナカードがステータス的にも特典的にもゴールドカードの上をいく分、年会費が高くなります。この年会費の元を取るだけの利用が見込めないのであれば、プラチナカードを取得したとしても損をする可能性が高くなってしまいます。

プラチナカードの特典としては、指定ホテルで宿を頼んだ場合にワンランク上の部屋を用意してくれるサービスがあり、それだけで数万円得する事もあります。

さらには、コンシェルジュサービスと言って、世界中のどこからでもチケットやレストランの席を予約してくれたりと総合的に世話をしてくれる人がいて、ある程度の難題にも答えてくれるようなサービスがあり、プラチナカードの中でも人気の特典と言われています。

コンシェルジュサービスでレストランを予約した際には、責任者が挨拶に来たという話も聞きますので、一番高いステータスを実感できるサービスかもしれません。

このように、プラチナカードには様々な特典が付いていますが、審査基準も人それぞれ変わってきているようです。年収1000万円以下の方にも招待状が届いたりする事例もあるそうなので、現代では全く手の届かないカードではなくなってきているようですね。

プラチナカードの審査基準とは?

プラチナカードでは、カードの利用限度額が上がるため、その使用額をきちんと払えるかどうかの審査が行われます。

公に「年収○万円以上」という条件などは公表されていませんが、おそらく600万円以上の年収が必要になるのではないかと言われています。

ただし、この年収も審査基準の一つにしか過ぎません。年収が500万円であっても審査を通過することがありますし、逆に年収が700万円と余裕で条件クリアしている場合でも、審査に落ちてしまう可能性もあります。

同じ会社のカードからプラチナカードへとグレードアップする場合には、カードの過去の利用状況が審査されます。利用状況というのは、主に支払い状況です。今まで支払いの滞納がなかったかどうか、毎月安定した金額の利用を続けていたかどうかなどが見られます。

もしも過去に金額の支払い遅れがある場合には、審査時にかなり不利となってしまいます。

それから、プラチナカードになるとカードの支払い上限額が増えます。そのため、会社への勤続年数も審査基準の一つになると言われています。

この審査の理由は主に2つ。ひとつは、「今後も安定した収入を得続けられるかどうか」もう一つは、「社会できちんと働いてそれなりのポジションにいるかどうか」という事です。

このとき、勤続年数が短いとプラチナカードの審査に通りにくいという話もあるようです。

それから、プラチナカード発行に際しては年齢の制限が設けられています。カード発行会社によって異なりますが、だいたいは30歳以上となっているようです。

ただし、審査の年齢を満たしていなかった場合でも、過去のクレジットカード利用が優秀でそれなりの年収がある場合には、入会審査を通過するケースもあります。必ずしも年齢を満たしていなければならないという事はないようです。

おすすめのプラチナカード
ワンランク上のステージへ

ダイナースクラブカード公式はこちら

クレカの極意がおすすめする一枚はこちら

年会費無料
100円1ポイント以上の高還元率
入会特典でポイントがもらえる
・ApplePay使うならmastercard
・こだわりがなければvisaがおすすめ
・新卒1年目、契約社員、派遣、フリーターの方にも

年会費無料&業界最大級の還元率

楽天カード公式はこちら