クレカお役立ち情報

マイペイすリボの裏ワザ?一括・全額払い設定で年会費を節約

ネットには、マイペイすリボの裏技として、「設定ミスによるリスクを置いておいて、理論値としての最大の還元率の話をしている」情報がほとんどです。

実際に、自身で体験している情報を公開している方もいて、そういった方の情報は非常に参考になるのですが、クレジットカード審査まとめでは、マイペイすリボについての基礎的な説明と、それに加えて「現実的で負担とリスクがない活用方法の調査結果」をご紹介するというスタンスでご紹介していきます。

はじめに、どんなものなのか仕組みとメリットデメリットを紹介した後に、最後にまとめとして、お得で安心できる使い方を提案いたしますので、お急ぎの方は、【結論】マイペイすリボの使い方まとめをご覧ください。

 

マイペイすリボとは

三井住友カードが発行するクレジットカードの毎月のお支払い金額を、自分で決めることができる仕組みのことです。

マイペイすリボの毎月の最低支払額は、5,000円(カードによっては1万円)からとなっていて、この額以上の金額を一部でも全額でも自分で決めることができます。

単純なリボ払いのメリットと、毎月の懐事情に合わせて自由にコントロールできるという便利さが特徴です。

 

マイペイすリボでカード年会費が半額~無料に

一部カードによって割引に少々違いがありますが、

  • 三井住友VISAクラシックカード
  • 三井住友VISAアミティエカード
  • 三井住友VISAゴールドカード

や、提携カードの

  • ANAカード
  • ANAワイドゴールドカード
  • Amazon Mastercardゴールド

などが主な対象カードです。
特典や保障が充実しているゴールドカードの年会費割引は特に大きなメリットですね。

 

個別のカード情報はこちらをご覧ください。

ANAカードの審査基準は厳しい?カードの種類別難易度に関する口コミ年会費実質無料でANAマイル楽天ANAカード公式はこちら 【ANAワイドゴールドカードの補足情報】 自動リボ払い※とWE...
三井住友VISAカードの審査厳しい?審査落ちで悩む前に【年会費は?】 もれなく最大10,000円三井住友VISAカード公式はこちら 三井住友VISAカードはどんなクレジットカード? 1枚のカ...

マイペイすリボでポイントにボーナスがつく

マイペイすリボは設定しておくことで、貰えるポイントにボーナスが付きます。
三井住友VISAカードだけでなく、提携カードのANAカードでもボーナスがあります。

ただ、このポイント優遇は、手数料を支払ったとき限定です。

そしてもうひとつ注意が必要で、ボーナスポイントには通常のポイントとは違った還元率が設定されていることがあります(ANAカードなど)。

カードの紹介で、このメリットを推している場合がありますが、金利手数料のほうがポイントよりも多くなってしまっては本末転倒です。

手数料をいかに減らすかが大切になりますが、このテクニックは手間がかかることなのであくまでも応用という扱いでご紹介します。

 

マイペイすリボのデメリットを知る

リボのデメリットは、手数料が発生するということです。請求額未満の支払いであれば、残金に対して金利が発生します。当然といえば、当然ですね。

ただ、このこと自体はほとんどの方が分かっているはずです。

それでも、リボ払いが危険と言われている理由は、実はメリットの裏側に隠されています。

毎月定額型の支払いでは、支払い額を自分で自由に決められるということでしたが、これによって残金がいつまでたっても減らないということがあり得ます。

このようなスパイラルに陥って返済総額が増えてしまうことを、自己管理能力が無いとか自己責任という言葉で処理されてしまうことがありますが、(ダイエットなどもそうだと思いますが)最適な設定を続けることって結構エネルギーを使うことだと思います。

デメリットを乗り越えるための考え方

自己責任にしてしまうと、根性論と人格の話になってしまい、それができないとダメな人となってしまいます。
そうやって切り捨てることは簡単ですが、それでは何の解決にもなりませんし、何よりストレスが溜まりますよね。

何のために、マイペイすリボに申し込むのかというと、年会費とポイントの優遇を受けてお金を節約してよりお得で楽しい生活を過ごすためですから、もっと楽にいきましょう。

これを踏まえると、手間をかけることなく金利を発生させない設定にすることが、上手に付き合っていくための基本になるのではないでしょうか?

 

【基礎編】損しないマイペイすリボの裏技【画像解説】

画像は、VISAクラシックカードのものになります。

まず最初にすることは、マイペイすリボの最低支払額を上限まで引き上げることです。これによって、金利手数料が発生しない全額一括払いとほぼ同じになります。早速、このカードの限度額である70万円を入力してみることにします。

ところが

あれ?エラーが??でも、大丈夫です!

これは、割賦販売法改正によってリボ・分割などの枠が別途設定されているからですね。

調べてみたところ、50万円に設定されていたようなので50万円で再設定してみます。

無事、確認画面にうつりました。

最終チェックをして申し込みをすすめます。

 

これをやってはじめて実質的に一括払いが初期設定となります。

年会費割引を使うときの参考にしてみてください。

 

【応用編】ポイントアップを狙う

マイペイすリボでポイントのボーナスがもらえるのは、手数料の支払いがあるとき限定です。ですから、手数料が発生する最小限の金額を残して支払いをするという方法で、ポイント分のお得をゲットするのが狙いになります。

ただ、注意しておく必要があって、ポイントとしては2倍になってもその交換方法に制限がある場合があります。
例えば、ANAカードの場合では、ボーナスポイントは1ポイント3マイル相当になります。
ANAワイドゴールドカードの通常のポイントは、1ポイント10マイルなのでポイント2倍といっても同じ価値にはなりません。

カード決済が多い人にとっては、1,000円ぐらい残るように、支払い額の減額申請をするというざっくりとした使い方でも十分元はとれるでしょうが、クレジットカード審査まとめでは、間違って手数料が発生して損をするリスクとリボ手数料の計算の手間を考えると、(どうしてもという方を無理に止めることはできませんが)一般的なユーザーさんにはあまりお勧めできないかな?というのが正直な感想です。

 

【結論】マイペイすリボの使い方まとめ

設定可能な上限に毎月の支払額を設定することで、実質一括払いを標準設定にすることができるので、年会費特典狙いの申し込みはアリです。

余裕があれば、支払総額より少し少ない額を支払って手数料を数円程度にしながらポイントをもらってもいいが、うまみはそれほど大きくないかもしれません。

勘違いで過度におそれている人や、逆に知識不足で失敗している人もいるので、当たり前のようですが、しっかり確認しておいてください。

 

マイペイすリボでお得になるカードの審査について

それぞれ、以下のページで詳しく解説しています。

ANAカードの審査基準は厳しい?カードの種類別難易度に関する口コミ年会費実質無料でANAマイル楽天ANAカード公式はこちら 【ANAワイドゴールドカードの補足情報】 自動リボ払い※とWE...
三井住友VISAカードの審査厳しい?審査落ちで悩む前に【年会費は?】 もれなく最大10,000円三井住友VISAカード公式はこちら 三井住友VISAカードはどんなクレジットカード? 1枚のカ...
クレカの極意がおすすめする一枚はこちら

年会費無料
100円1ポイント以上の高還元率
入会特典でポイントがもらえる
・ApplePay使うならmastercard
・こだわりがなければvisaがおすすめ
・新卒1年目、契約社員、派遣、フリーターの方にも

年会費無料&業界最大級の還元率

楽天カード公式はこちら