クレカの審査基準

楽天カードで審査落ち?申し込み前に審査基準を最終確認

楽天カードのおすすめポイント
年会費無料&業界最大級の還元率

楽天カード公式はこちら

 

楽天カードはどんなクレジットカード?

クレジットカードとしての機能が十分すぎるほど使い勝手が良いのが楽天カード。楽天カード以外にも様々なカードがありますが、利便性とお得性を考えた場合は楽天カードが一番だと思います。

なぜなら、楽天市場で買い物をするといつでもポイントが3倍になるというのが最大の魅力です。

他のクレジットカードであれば、貯めたポイントを商品と交換するのが主な使い方ですが、楽天カードの場合は貯めたポイントを電子マネー扱いにしてくれるため、買い物で使うことが出来るのです。

また、提携しているお店が豊富なため、加盟店でカードを使用しても多くのポイントが得られます。外食や普段の買い物はもちろん、楽天トラベルでの旅行申込みでもポイントが貯まります。

また、貯まったポイントをANAマイルへの交換も出来るので頻繁に飛行機を使って旅行に行く方にもお勧め出来ます。

では、こちらで楽天カードの特典について、簡単にまとめてみたいと思います。

■入会特典

楽天カードの入会特典では2000ポイントの楽天ポイントが貰えます。カードが手元に届いた後、e-NAVIを使って受け取り申請をするだけで、後日ポイントが付与されています。貰ったポイントは2000円分として使う事が出来るので、楽天市場の中から欲しい商品を探してお買い物に使うのが良いでしょう。

■100円で1ポイント貰える

通常、クレジットカードのポイントは1000円で1ポイントというパターンが多いのですが、楽天では100円で1ポイント貰う事が出来ます。還元率に治すとなんと10倍。この還元率で提供をしているのは楽天カードくらいです。使えば使った分だけポイントが溜まっていくので、どんどんクレジット決済をしていきましょう。

■Edy機能

楽天カードにはEdyの機能もついています。カードにEdyを搭載するとクレジットの機能と合わせてキャッシュレスになります。そうなれば、コンビニや自動販売機、飲食店での会計がスムーズになるので時間を節約する事も出来ます。また、Edy200ポイントの利用で1ポイントのポイントが還元出来るので、これもお得なのです。

■ポイント最大3倍特典

楽天カードは楽天市場で買い物をするとポイントが3倍になり、100円で3ポイント貰える様になります。普段他のお店で買い物をしている方は必要な商品の買い物を楽天市場でする様にしてポイントを効率よく貯めていきましょう。

■ETCカード機能

楽天カードにはETCカード機能もついています。ETC利用でも楽天ポイントが貯まるので、車にETC機能を搭載している方は、楽天カードにETC機能を追加して使っていきましょう。そして、さらにENEOSとの提携もありガソリンを給油すると100円につき2ポイント貯まるのです。

日常生活を送る上では、持っておくと生活が楽しくなる一枚と言っても良いでしょう。現在、お気に入りのカードがある方もネットショッピング用に1枚持っておくのもいいかもしれません。

年会費無料&業界最大級の還元率

楽天カード公式はこちら

 

楽天カードの年会費は?

クレジットカードには年会費といったものがあります。年会費はクレジットカード会社が独自で設定しているので、カードによって金額は異なります。

楽天カードの年会費ですが、レギュラーカード・シルバーカードの二つは年会費が無料となっています。

年会費が無料のクレジットカード会社はたくさんあるので、特に珍しいことではないと思いがちですが、楽天カードは年会費が永年無料なんです。つまり、入会年だけでなく翌年も翌々年も年会費が0円となっています。

また、楽天カードには楽天プレミアムカードといったものがあるのですが、これはゴールドカードのことです。

さすがにゴールドカードの年会費は0円ではありません。楽天プレミアムカードの年会費は10800円。これは入会した年もかかりますし、その先も1年ごとに発生していきます。年会費はその場で払うのではなく、申し込みをした月の翌々月となっています。

10800円の年会費は高く感じますが、ほかのゴールドカードと比較すると楽天プレミアムカードの年会費はかなり安いほうです。年間10800円であっても月にすれば1000円以下ですし、この金額で更に多くのメリットが得られる事を考えれば安すぎると思います。

その楽天プレミアムカードの特徴について簡単に説明すると、空港ラウンジを利用出来たり、ポイントプログラムの還元倍率がアップするなどといったメリットがあるので、頻繁にカードを使う方はレギュラーカードよりも楽天プレミアムカードの方が最終的にはお得になるでしょう。

年会費無料&業界最大級の還元率

楽天カード公式はこちら

 

楽天カードの限度額はいくら?

クレジットカードには当然限度額があります。楽天カードには、レギュラー・プレミアム・アカデミーの3種類があり、カードの種類によって限度額がそれぞれ異なっています。

レギュラーカードの最大限度額は100万円、プレミアムは300万円、アカデミーは10万円となっています。

アカデミーとプレミアムは固定となっていますが、レギュラーに関しては人によってバラバラです。初期の限度額はカード申し込み時に楽天側で設定をされます。これは、申し込みをした時の年収などの査定が基準となっています。

初期基準の平均は20万円となっていますが、カードの利用が多かったり支払い状況が良いと申請することで限度額を引き上げてもらう事が出来ます。この限度額の引き上げについても再審査が必要となっています。

万が一、審査をパス出来なかったとしてもカードを抹消されるワケではないので安心して下さい。また、審査にパス出来なかった場合でも、その後の利用状況・支払状況に応じて再度申請する事で限度額を引き上げてもらえますので、諦めずに何回か限度額引き上げ申請を行いましょう。

なお、楽天カードの限度額はプレミアムの300万円が最高となっていて、それ以上の限度額はありません。もし、300万円で足りない時は他のカードを検討するようにしましょう。

ただし、どのカードもレギュラーでは100万円が限度なので、300万円以上の時はプラチナクラスになると思います。

学生向けに発行されている楽天カードアカデミーについては、学生限定の特典がたくさんあります。学生にとっては大変お得なのですが、限度額が10万円と低いのがネック。学生なら10万円あれば不自由はないと思いますが、もし10万円で足りない時はレギュラーへの変更を検討しましょう。

ただ、その場合はアカデミーの特典が受けられなくなるので、お得感は減ってしまいます。特典を取るか限度額を取るかをしっかり考えて使うカードを決めるようにしましょう。

年会費無料&業界最大級の還元率

楽天カード公式はこちら

 

楽天カードの審査基準はどう?

クレジットカードは誰でも持てるわけではなく、やはり審査基準をパスした人だけに発行されます。そのため、楽天カードを持ちたくても持てない場合も出てくるわけです。

この審査基準と査定は、クレジットカード会社によって異なります。ビックリする程に審査の厳しいカード会社もあれば、対照的に審査の甘いクレジットカード会社もあります。

では、楽天カードの審査はどうなのかというと、楽天は他のクレジットカードに比べて審査面でも十分に魅力があります。

楽天カードの査定項目は「職業」「雇用形態」「年収」「住居」「ローン金額」の5つが基本となっています。

レギュラーカード以上のカードになるにつれて審査基準は厳しくなっていきますが、楽天のレギュラーカードの審査はそう厳しくないので、他社クレジットカード会社に多額の借金をしていなければ無事に審査をパスすることが出来ると思います。

年収は300万円もあれば大丈夫でしょう。仮に年収300万円に達していなかったとしても、雇用形態が正社員であったり、勤務期間が長かったりすれば臨機応変に対応をしてもらえるようです。

年会費無料&業界最大級の還元率

楽天カード公式はこちら

 

楽天カードの審査期間はどのくらい?

楽天カードの審査期間は最短1日となっています。

ただし、年収などの条件が一定値に達していない場合は、1週間くらいの期間が必要になってきます。何事もなければすぐにカードが発行され、基準に引っかかった場合は慎重に審査をされるといったところでしょうか。

先ほど、基準を満たしていればカードが発行してもらえるとお伝えしましたが、一つだけ例外があります。それは、他社カード会社への返済が遅れていたり、過去に楽天カードを持っていて支払い状況が悪かった場合。

カード会社にとってみれば、支払い能力の無い方にクレジットを発行するのはリスクしかありません。なので、支払い状況が悪かったりすると年収などの基準を満たしていても審査で落ちることがあるので、覚えておきましょう。

楽天カードのおすすめポイント
年会費無料&業界最大級の還元率

楽天カード公式はこちら

 

クレカの極意がおすすめする一枚はこちら

年会費無料
100円1ポイント以上の高還元率
入会特典でポイントがもらえる
・ApplePay使うならmastercard
・こだわりがなければvisaがおすすめ
・新卒1年目、契約社員、派遣、フリーターの方にも

年会費無料&業界最大級の還元率

楽天カード公式はこちら