クレカの審査基準

JCB EITカード口コミ評判!審査落ち理由は?【海外旅行保険付き】

jcb eitカードのおすすめポイント!

jcb eitカードのおすすめポイント
ポイントが通常カードの2倍

JCB EIT公式はこちら

JCB EITとは

jcb-eit2

JCB EIT(エイト)は、日本発の国際ブランドであるJCBが発行する「リボ払い型クレジットカード」です。

JCB EITのEITは8つ(Eight → EIghT)が語源となっており、「8つの価値あるカード」をコンセプトとしております。

WEB明細自動登録でエコであること、JCB自社発行発の縦型で6種類から選べるスタイリッシュなデザイン、年会費永久無料、ポイント2倍、海外旅行傷害保険やショッピング保険まで付帯した充実の内容となっています。

JCB EITの特徴

 

まず、年会費無料のリボルビング払い型専用クレジットカードであることです。
家族カードやETCカードも年会費無料です。

次に、JCBのポイントプログラムである「Oki Dokiポイントプログラム」のポイントが、いつでも通常の2倍になるので、1,000円で2ポイントが貯まります。

カードデザインは6種類の中から選ぶことができますが、「ストライプ」「ブラック」「ステッチ」の3種類についてはチャージのいらない電子マネー「QUICPay」を搭載しています。

又、利用代金明細書も郵送ではなくインターネットで確認する「WEB明細サービス」を導入しているので、エコな上に家族に明細の内容がバレる心配もありません。

更に、支払いは自動でショッピングリボ払いになりますが、通常のショッピングリボ払いとは違い初回の手数料は無料になることも大きな特徴です。

保険や補償制度も充実

 

付帯保険も充実していて、海外旅行では最高2,000万円の海外旅行傷害保険(国内はなし)や購入日より90日間有効なショッピング保険は国内外を問わず年間最高100万円まで補償してくれます。

紛失や盗難に関しては、届日から60日間さかのぼって、それ以降に発生した被害を補償してくれます。

更にインターネットショッピングの利用で見覚えがない請求がきた場合でも、状況調査のうえ適用条件に基づき請求を取り消してくれる「JCBでe安心制度」も完備されているので、まさかの事態でも安心です。

JCB EITに向いている人、いない人

 

JCB EITはクレジットカードやリボ払いをよく理解している人にとっては便利なカードですが、そうでない人にはオススメできません。

JCBという国際ブランドという安心感と、ポイントが常時2倍ということで抵抗なく作ってしまう人も多いようですが、支払い方式や金利手数料に関する知識がない人は作らない方が無難です。

次の項目で説明する内容が分からない人は、作ってはいけません。

JCBカードの「支払い名人」

 

JCBのリボルビング払いは、JCB独自の「支払い名人」という方式を採用しています。

これは、カードを利用してから最初に迎える弁済日までは利息が発生しないという方式です。

ですから、支払い方法を全額コースに設定しておけば、毎回の弁済は1回で完済になるので利息は徴収されないということになります。

又、全額コースに設定しなくても繰り上げ返済や一括返済にしてしまえば金利手数料はかかりません。

ですから、リボ払いを利用しようとする人はもちろん、年会費無料カードで保険や補償制度を利用したい人にとっても利用価値が大きいカードと言えると思います。

矢印画像
ポイントが通常カードの2倍

JCB EIT公式はこちら

JCB EITカードの審査基準は?

JCB EITの審査時間にみる難易度

 

JCB EITの審査からカード発行までにかかる時間は、最短で3営業日だそうです。

JCB一般カードやJCBゴールドカードは申し込みからカードの受け取りまで、おおよそ1週間から10日程度かかるので、これらのカードと比較しても短時間であることがわかります。

JCB EITの審査は、インターネットから申し込んだ場合、早ければ数十分程度、遅くても当日か翌日には審査結果の連絡がくるようです。

クレジットカードやカードローンの審査では、「審査時間が短いほど審査の難易度が低い」とか「審査時間が長いほど細かい点までチェックされる」ということがよく言われます。

この点から判断しても、JCB EITの審査はJCB一般カードよりも審査の難易度は低く設定されていると判断できます。

申し込む人の属性が重要

 

一般的に審査にかかる時間については、申し込んだ人の属性が大きく影響します。

職業は医者、公務員、大企業の正社員、会社員などなら問題はありませんが、派遣社員や自営業の評価は低く、アルバイトと同じ扱いになることもあります。

勤続年数や居住年数は長いほど有利ですが、引っ越しや転職をして1年未満の場合は不利になることが多いです。

スピーディーな審査の場合、このようなポイントを重視されやすいので、属性が良くない人は審査にかなり時間がかかるかもしれません。

それでも、JCB一般カードの審査に落ちた人でもJCB EITの審査に通ったという事例は数多くあるので、金融事故歴や自己破産歴でもない限りは審査否決になることはないと思います。

jcb eitカードのおすすめポイント
ポイントが通常カードの2倍

JCB EIT公式はこちら

クレカの極意がおすすめする一枚はこちら

年会費無料
100円1ポイント以上の高還元率
入会特典でポイントがもらえる
・ApplePay使うならmastercard
・こだわりがなければvisaがおすすめ
・新卒1年目、契約社員、派遣、フリーターの方にも

年会費無料&業界最大級の還元率

楽天カード公式はこちら